1. トップ
  2. ブログ
  3. 結局レンタルサーバってどれにすればいいの?プロが考えるレンタルサーバの選び方

結局レンタルサーバってどれにすればいいの?プロが考えるレンタルサーバの選び方

レンタルサーバの選び方について記載します。

[本記事の対象者について]

  • 企業のWEBサイトで利用するレンタルサーバを検討されている方
  • 企業のWEB担当者として、FTPやメールの設定などレンタルサーバを利用者としてある程度知識がある方
  • 趣味など個人用途、または技術的な実験用のレンタルサーバなどではまた考え方が異なっていきますのでご理解ください

 

まず、選ぶ際の主要候補はこれだ!

結論から行きます!

まず、よほど特別な用途がない限り、「X SERVER X10」を選ぶことをお勧めます。

理由は名実ともに「シェアNO1」であること。「シェアNO1」以外にも理由はいろいろありますが、「金額」、「機能」、「スピード」、「使いやすい管理画面」どれをとってもベストです。他のレンタルサーバもいろいろと経験してきましたが抜群の安定感です。

いきなり結論から言ってしまったので、この先読む気を失せた人が多いと思いますが、一つ一つ特徴を解説します。

 

企業ユーザは特に注目したいXSERVERの便利機能

◎ディレクトリ毎に別のFTPアカウントが設定できる

企業の場合、複数のサイトを同時に管理することなり、サイトの運営業者も多数参画されるケースがあるかと思います。

その際、業者ごとにFTPアカウントを提供し、かつ閲覧できるディレクトリに制限をかけたい場合があると思います。これは「さくらインターネット」を含む他のレンタルサーバではできないところです。

Xserverではディレクトリ単位でFTPアカウントを設定できるため、その点カバーができます。

◎データベース毎にユーザIDを設定できる

MySQLにおいても、さくらインターネットと違いデータベースユーザ、データベースを毎に別々に作成することができます。そのため、Phpmyadminのログインした後に表示されるデータベースも、該当ユーザの権限の範囲のデータベースのみ見せることができますので、セキュリティ的にも安心です。

◎サイト毎にPHPのバージョンを設定できる

PHPバージョンをサイトごとに設定できることもXServerの特徴です。

この機能は他のレンタルサーバでもできる場合が多いですが、さくらインターネットでは設定ができません。さくらは契約したレンタルサーバ上のサイトすべて同一のPHPバージョンとする必要があります。エンジニアレベルの詳しい方であれば、このやり方で実施が可能ですが、プログラミング知識がないと難しいです。

◎バックアップが自動で行われるためバックアップ管理が楽

WEBサイトを運営している企業の中で意外と、注目されていないバックアップです。

今まで、お客様がバックアップも取らず運営している現状を多く見てきました。年に数回、お客様自身で運用しているサイトで、Wordpressの脆弱性により、悪意のあるコードが仕込まれたりなどでして駆除のご相談をいただくことがあります。

その際に、バックアップがあればすぐに直せたものの、とっていなかったために、弊社でコードを駆除するために、費用が必要となるといったことがあったりします。

Xserverは、サイトを作ったときから自動でバックアップされるのでその点心配はありません。他のレンタルサーバでもバックアップ機能がある場合もありますが、有料であったりツールが使いにくかったりとなかなかそれなりに知識がないと使いにくかったりします。

この点もXserverが優れたポイントです。

選んではいけないレンタルサーバの基準

とはいえ、Xseverが利用できないケースもあったりするかと思います。

例えば、Xserverをすでに使っている場合で、何らかの理由でサーバ移行が必要な場合は、Xserverに既存のドメインが割り当てれないので、Xserver以外のレンタルサーバを使う必要があったりします。

そういった際に、間違った選択をしないように以下が該当するレンタルサーバは避けることが無難です。

  • SSHが利用できないこと
  • gitが利用できないこと
  • ユーザが利用できる形で自動バックアップのサービスが提供されていないこと
  • 無料のSSLが提供されていないこと

それぞれ、聞き慣れないまたは、意味が分からないかもしれませんが、これらがないサービスは基本的に使いずらく、しかも機能が少ない割に料金が高く、上で上げたレンタルサーバのほうがコスパがいい場合が多いです。

また、我々web制作会社から見てもツールが不十分でサイト構築に余計にコストがかかり、初期費用が必要以上に多くなってしまいがちです。

以下のレンタルサーバもご利用の方も多いかと思いますが、以下の理由で正直おススメしていません

 

◎ロリポップ
スピードが遅すぎる。安かろう悪かろうなので仕方ないですが、サイトの動作が遅いと検索結果にまで影響してくるため、おススメしません。

さくらレンタルサーバースタンダード
こちらも遅すぎる点、バックアップソフトが使いづらい、複数ドメインを割り当てた際にそれぞれのドメインで@以前のメールアドレスが同じものを作れない(例 info@glic.co.jp と info@glic.com を作ることができません。infoがダブっちゃうので)文字コードが特殊であり、他のサーバにデータを移すとき日本語ファイル名を含むと文字化けしてデータが扱いにくくなります。

◎Heteml
こちらはスピードは早いのですが、サブドメインSSL(https)の設定に関して制限ががあります。

[その他制限]
https://support.heteml.jp/hc/ja/articles/360042149533-%E3%83%98%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%88%B6%E9%99%90%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-

◎アルファメール
FTPの送信が1秒当たり1ファイルぐらいの超低速転送なのでもはや使い物になりません。

◎Heteml
外部のSMTPサービスへの25ポート接続がブロックされているので、そのような用途の場合使用できない。

また、以下のサイトではかなり丁寧に様々なレンタルサーバでの動作テストをしており、金額面も含めて比較検証をしています。こちらにおいてもXseverは2位です。1位のConoha Wingは弊社ではまだ未開拓ですが、今後開拓予定です。ぜひ、ご参照いただけたらと思います。

https://my-best.com/2512

ただし、メールをフル活用する場合はXseverは向いてません。メールはアカウント毎に5GBであり、すぐに到達してしまう方もいらっしゃると思いますのでその点注意が必要です。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_spec.php

まとめ

レンタルサーバーは一度契約すると1年や2年は契約のしばりで使い続けるもの。選択を誤れば、サーバの切替も1,2年後と遅れていきます。他のレンタルサーバーと比べると少々高いかもしれませんが、Xserverがおススメです。是非、またご参考にしていただければと思います。

CONTACT
お問い合わせ
全国対応可能
0120-922-342

まずはお気軽にご相談ください。
(無料相談実施中)

遠方のお客様の場合は、まずはビデオチャットにて対応をさせていただきます。

お問い合わせフォーム

お手数ですが以下ご記入の上送信ボタンを押してください。
  *
 *
 *
 *
 *
  *
*必須項目
メモ:収集したデータの扱いには十分に注意し、保護するように努めています。