1. トップ
  2. ブログ
  3. 今!!話題の〝TikTok〟は、ビジネス活用が出来るのか?

今!!話題の〝TikTok〟は、ビジネス活用が出来るのか?

昨今、TikTokというSNSが若者を中心に爆発的人気を誇り、テレビ番組でもTikTokの特集が組まれるくらい世間に広く認知されています。TikTokのような新しいSNSが誕生すると、そのSNSを自分たちのビジネスで活用したいと思うと同時に、自社のビジネスで活用することができるのか気になるところです。思い切ってTikTokに挑戦してみたのはいいものの、動画の制作を何ヶ月間も頑張ってみたものの成果が出ず、時間とお金だけが無くなってしまうのは、どうしても避けたいです。そうならない為にも、本記事ではTikTokの特徴やビジネス活用方法について簡単にまとめましたので、ぜひTikTokをビジネスで活用するかの判断にご活用ください。

TikTokの特徴

ダウンロード:https://logowik.com/tiktok-logo-black-vector-logo-4274/download-options.html

TikTokは2020年7月の時点で、世界での月間アクティブユーザー数が6億8900万人以上と言われてる動画共有SNSであり、大きな特徴が3つあります。

■ショートムービーが中心

TikTok15秒から3分といったショートムービーのみを見ることができるSNSのため、短い時間でたくさんの情報を、文字や写真よりも分かりやすく伝えることができます。

■他のSNSよりも成長スピードが早い

TikTokは2016年に誕生してから、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しているSNSです。現在では、150か国以上・75の言語で利用が可能となっており、2021年には、月間アクティブユーザー数が10億人に達成しました。InstagramやFacebookが10億人ユーザーに達成するのに、サービス開始から8年ほどの年月を費やしているのに対して、TikTokは4年で達成しています。

■若者を中心に盛り上がっている

TikTokのユーザーの年齢層は若く、10代から20代が大半を占める割合になっています。投稿内容は音楽に合わせて踊るものから、雑学紹介など幅広い種類の動画が人気です。

TikTokをビジネスで活用する3つの方法

TikTokのユーザーは若年層が多いため、比較的低単価のようなモノを宣伝するには効果的と言われています。ではどのように自社の商品やブランドを宣伝すればいいのか?TikTokをビジネスで活用するには大きく分けて3つの方法があります。

1.自社でTikTokアカウントを作って運用

多くの人がTikTokをビジネスで活用する際に考えるのが、自分たちでTikTokアカウントを運用して商品を宣伝する方法です。自社でアカウントを作成し、動画を編集・投稿することで、広告費を掛けずに、自社の商品を宣伝することができます。ただし、動画を多くの人に見てもらうための、動画の構成や編集の知識を持たずに動画を制作してしまうと、どんなに頑張っても動画視聴回数が伸びず、制作時間や編集時間などコストが見合わなくなる可能性もあります。

2.TikTokerに動画内で案件として紹介してもらう

TikToker(ティックトッカー)と呼ばれる、TikTok上に配信している人気ユーザーの動画内でビジネス案件として紹介してもらうのも良い方法です。コラボ案件としてTikTokerに動画で商品を紹介してもらうと、そのTikTokerのファンが動画を見たことをきっかけに興味を示してくれたり購入してくれたり、しまいには、商品が紹介されている動画を広めてくれ、商品の認知度を上げるのに貢献してくれる可能性もあります。ただし、TikTokerによってコラボ案件の相性が合わないため、思ったよりも成果が出ないこともあります。成果を出したいのであれば、適当にフォロワーが多いTikTokerを選ぶのではなく、どのTikTokerに依頼をすれば成果が出そうなのかを、事前に相手のコンテンツやフォロワー層の調査をする必要があります。

3.TikTok広告を活用する

TikTok広告は広告費を支払うことで、TikTok上のタイムライン上に広告を表示できる方法です。広告費を支払えば、時間をかけずにユーザーに広告を見てもらうことができるため、時間をかけずに成果を出したいのであれば、この方法が一番です。またTikTok広告は、起動型広告というTikTokを起動したときに最初に出る広告や、ハッシュタグチャレンジ広告といったユーザーに企業コンテンツの作成・投稿を促す広告があります。他の広告をやりつくしてしまい、この先より商品の認知を拡大するにはどうすれば良いか困っている企業の打開策として有効です。ただし、広告費を掛け続けないとユーザーに商品を宣伝できません。

まとめ

若年層に向けた低単価商材を展開している企業であれば、TikTokは十分ビジネスに活用できるツールと言えます。TikTokへのビジネス参入を前向きにを検討してみるのもよいかもしれません。しかし、商材や商品によっては、TikTokに参入するよりも、別の施策を試した方が、売り上げにつながる可能性があります。TikTokをビジネスで活用したいと考えている担当者は、TikTokに限らず、web商材やマーケティングツールを熟知した制作会社へTikTokへの参入を相談してみてはいかがでしょうか。

CONTACT
お問い合わせ
全国対応可能
0120-922-342

まずはお気軽にご相談ください。
(無料相談実施中)

遠方のお客様の場合は、まずはビデオチャットにて対応をさせていただきます。

お問い合わせフォーム

お手数ですが以下ご記入の上送信ボタンを押してください。
  *
 *
 *
 *
 *
  *
*必須項目
メモ:収集したデータの扱いには十分に注意し、保護するように努めています。