1. トップ
  2. ブログ
  3. ホームページリニューアルを成功へ導く考え方

ホームページリニューアルを成功へ導く考え方

ホームページのトレンドや構造というものは、一定の時間を経ると、どこか古臭く見えたり、使い心地がほかのサイトに比べて悪かったりします。このような事態を避けるためにも、ホームページを一定の期間ごとにリニューアルした方が良いといえますが、実際にリニューアルしてみた結果、見た目がイマイチで、ユーザーにとっても使いにくく、前のほうが良かったと言われてしまうのは避けたいところです。このような事態にならない為にも、ホームページリニューアルの際には、正しい知識が必要です。

本記事では、ホームページリニューアルの際に見落としがちなポイントとその理由について解説させていただきます。是非、ホームページリニューアルの参考知識としてご活用ください。

目的の設定が不適切

目的の設定が不適切な状態でホームページリニューアルしようとすると、どこに焦点を当ててホームページを構築していけば良いのか分からなくなり、いつまでたってもホームページの出来に納得することが難しくなります。適切な目的を立てることで、どのようにすれば納得のいくホームページが制作できるかの算段を練ることができるため、より完成度の高いホームページを制作することが可能になります。

コンセプト設計が出来ていない

コンセプト設計が定まっていないまま、コンテンツ制作を始めてしまうと、誰に閲覧して欲しいかが分からないコンテンツが増えてしまい、ホームページの閲覧時間にもマイナスの影響を及ぼしてしまいます。誰に何を伝えたいのかというコンセプトを明確にすることで、ホームページのコンテンツ内容を制作することができ、より多くのターゲットにホームページを閲覧してもらうことが可能になります。

ターゲットの設定を間違えた

自社のホームページを閲覧してほしいターゲットはどのような人たちなのかが分からないと、誰の何を解決するホームページを制作すれば良いのかが分からなくなります。正しいターゲット設定を行うと、ターゲット層にあったデザインやコンテンツ制作の軸を定めることができ、ユーザー満足度の向上に寄与してくれます。また、ターゲット設定が定まっていると、どのようなコンテンツを制作していけば良いかが明確になるため、SEOキーワードでの集客がしやすくなります。

ユーザービリティが考えられていない

ここで説明するユーザービリティとは、ユーザーがいかに、迷わず、簡単に、ストレスなくホームページを閲覧・利用できるかのことを指します。デザインだけを重視してしまい、ユーザーの操作のしやすさを蔑ろにしてしまった結果、ユーザーの利便性が下がってしまっているホームページを持つ会社は多くあります。ユーザービリティに配慮したホームページを設計することで、ユーザーは迷いなく目的のコンテンツに辿り着けるようになり、離脱されにくいホームページになります。

どのような制作会社に依頼するのが良いか

どのような会社にホームページ制作を依頼すれば良いかというと、豊富な経験はもちろんのこと、目的にそった制作ができる会社がおすすめです。人によっては、予算を第一に考えるかもしれません。もちろん、予算で選ぶのも良いですが、予算を第一に考えしまうと、まったく成果の上がらないホームページになる可能性があります。まずはいくつかの会社に連絡をしてみて、この会社であれば、自社の目的を実現してくれると思えるところに依頼してみてはいかがでしょうか。

CONTACT
お問い合わせ
全国対応可能
0120-922-342

まずはお気軽にご相談ください。
(無料相談実施中)

遠方のお客様の場合は、まずはビデオチャットにて対応をさせていただきます。

お問い合わせフォーム

お手数ですが以下ご記入の上送信ボタンを押してください。
  *
 *
 *
 *
 *
  *
*必須項目
メモ:収集したデータの扱いには十分に注意し、保護するように努めています。