1. トップ
  2. ブログ
  3. 採用動画が今熱い!! 働く姿がイメージできる動画制作

採用動画が今熱い!!
働く姿がイメージできる動画制作

求職者に自社の仕事内容や魅力を伝えるには、合同説明会やインターン、転職イベントなど様々な採用イベントがあります。

採用イベントは、求職者に直接会って自社の仕事内容や魅力を伝えることができる反面、会場確保やイベントのお知らせ・宣伝等の時間と労力がかかります。そのため、あらかじめ自社の仕事内容や魅力を動画にまとめ、YouTubeのような動画プラットフォームに採用動画をUPする会社が増えてきました。採用動画を制作することで、24時間365日インターネットを通して自社の仕事内容や魅力を多くの人に伝えることができます。また、採用イベントでも採用動画を活用することで、常に一定のクオリティを保った説明会を開催することが可能です。

今回の記事では、採用動画にはどういった種類や効果があるのか、制作する際の注意事項について解説します。採用動画を制作して効率的に求職者を集めたいと考えている企業・採用担当の方は、是非参考にしてください。
 

採用動画とは

採用動画とは、仕事内容や会社の魅力などをまとめた動画のことを指します。音声や景色などから、パンフレットや資料のような文章や写真だけでは伝わらない職場の雰囲気なども伝えることができます。

採用動画の種類

ブランディング動画

ブランディング動画とは企業のブランドイメージを伝えるための動画です。企業のビジョンやイメージカラー、取り扱う製品のコンセプトに合わせ、音楽や景色、人物等によって直接的にコンセプトを伝えるメッセージ性のある動画です。認知度のアップや視聴者の企業に対するイメージの向上、求職者の就職意欲の向上といった効果が見込めます。
 

インタビュー動画

インタビュー動画とは、実際に働いている社員の方にインタビューし、動画にまとめたものです。実際に働いている社員からの意見が聞けるため、具体的な仕事内容や社内の雰囲気、やりがいが等が伝わり、求職者にとっては安心感に繋がります。また、1DAY動画という、実際に働いている社員に密着取材するインタビュー動画もあります。1日の仕事の流れや実際に働く姿を見てもらうことで、就職後のイメージがわき、採用に繋がりやすくなります。

紹介動画

紹介動画とは、プレゼン形式でストーリー立てて企業を説明し、論理的に企業に対する就職意欲や信頼感を高め、採用に繋げる動画です。具体的な勤務時間や仕事内容、福利厚生などを、資料やグラフを交えて説明し、具体的に求職者たちが知りたい情報を伝えることが出来るため、求職者たちの疑問を解決することが可能です。
 

採用動画を制作する効果

リアルな職場感を伝えられる

採用動画は実際に働いている職場をリアルに映し出すことがことができるため、動画を視聴してもらうことで、動画を見ている人にどのようにして働くのかを鮮明にイメージしてもらえます。また、仕事環境に対する現実と想像のギャップを埋めることができるため、就職率の向上と離職率の低下の両方を狙うことが可能です。

伝えられる情報量が多い

動画は視覚や聴覚、言語から情報を伝えることが出来るため、伝えることが出来る情報量が多いため、パンフレットや資料では伝えることが出来ない、実際の職場の雰囲気や働き方を詳細に感じてもらえます。

一度制作したら、何度も視聴可能

動画を一度制作し、YouTubeのような動画プラットフォームにアップすることで、多くの求職者に視聴してもらうことができます。また、求職者は気になる部分を繰り返し視聴することができるため、記憶に残りやすく、その都度ニュアンスや情報量が異ならないため、正確に同じ情報を伝えられます。更に、採用動画は自宅でも視聴可能なため、イベントを開催する必要がなくなり、運営スタッフや会場準備などにかけていた人員を別の業務に割り当てることで、効率的に業務を進めることが可能です。

外国語対応も可能

動画上で外国語のテロップや副音声を入れることで、外国の方にも視聴してもらうことができ、多様な人材の獲得に貢献することが可能です。また、翻訳の人員を充てたり雇う必要がなくなるため、経費の削減や業務効率の向上にも繋がります。
 

採用動画を制作する際の注意事項

目的を明確にする

目的を明確にしないと、動画の中身がぼやけ、求職者に伝えたいことが伝わらなくなります。そのようなことを防ぐためにも、どのような人に向けて、どのような内容を発信し、どのように感じてもらいたいかを明確にし、方向性が定まった動画を制作することが重要です。

専門知識・技術や高価な機材が必要

動画制作に必要な機材は高価な物が多く、全てを揃える事は難しいです。スマホ一台あれば制作することはできますが、スマホだけで出来る事は限られているため、それだけでは動画のクオリティが下がってしまいます。また、動画撮影機材の操作や編集作業等、専門知識や技術が必要な場面もあります。よりクオリティの高い動画を効率よく制作するためには、専用の機材を用意したり、専門知識・技術のある人員を確保するなどの工夫が必要です。
 

まとめ

採用動画を制作することで、企業の魅力やリアルな職場の雰囲気等をより多くの求職者に正確に何度も伝える事が出来ます。

また、動画に音声や翻訳テロップを入れることで外国の求職者にも視聴してもらう事が出来、多様な求職者の中からより優秀な人材の確保へと繋がります。更に、採用イベントを開催する必要性が低くなるため、これまでイベント開催にかけていた時間や費用を削減することが出来ます。

しかし、クオリティの高い動画を作成するためには、高価な機材や専門知識・技術などが必要となるため、実際に採用動画を作成した企業や専門家などの意見を取り入れていくことが重要です。どのような構成でどのような動画を制作すれば良いのか分からない場合は、お気軽にグリークにご相談ください。

CONTACT
お問い合わせ
全国対応可能
0120-922-342

まずはお気軽にご相談ください。
(無料相談実施中)

遠方のお客様の場合は、まずはビデオチャットにて対応をさせていただきます。

送信